利回りを気にするなら中古マンション投資が最適!

リスクの軽減を

積み木

運用のチャンスを活かそう

今日本は空前の不動産投資ブームと言われています。特に都心部を中心に、アパートやマンションへの投資は加速しており、低金利の預金よりもはるかに良い利回りだと評判になっています。しかし、預金などとは違い、アパートやマンションの投資は、「人が住む」ことで利回りが生まれる仕組みです。預金は個人と銀行の間で成り立ちますが、不動産運用は第三者の存在が不可欠となります。第三者とはつまり入居者であり、入居者がいる以上、トラブルがゼロで運用できるとは限らないものです。特に問題になりやすいのが家賃の滞納です。家賃は滞納されてしまうと、月々の収益が大幅に減額となってしまう可能性があります。そこで、家賃保証システムの活用があります。家賃保証システムは、第三者機関の介入と言っても良いでしょう。家賃が滞った場合、滞納の回収はもちろんのこと、欠けた分の補てんも家賃保証会社が代行します。つまり、欠けた分をロスとして処理しなくても安心して処理が出来るのです。これは家賃が収益になる不動産投資ならではの保証システムであり、トラブルになりがちな家賃回収を運営者が直接行わなくても良い、という側面があります。もしも一からアパートやマンションを建設する場合には、最初の段階で家賃保証会社と契約も可能です。この場合、住居者募集も代行することがほとんどなので、宣伝や告知、不動産会社への登録なども代行してくれます。その分手数料として代行料金を支払うことになります。

Back to Top