利回りを気にするなら中古マンション投資が最適!

定期借家権の物件利用

男性

メリットを活かすポイント

リロケーション物件とは転勤等で留守宅となっている不動産に期間限定の定期借家権を設定し、この権利に基づいて入居者の募集・賃貸契約が行われる物件の事です。リロケーション物件の利用は、貸し手・入居者共にメリットがあります。入居者にとってはまず、もともと賃貸専用の住宅で無い事から比較的良好且つ高級な入居先が確保出来る事となります。また更新を前提としない期限付きの契約となる為に、賃料が相場より安い傾向になるのもメリットです。一方で貸し手にとってはまず、空室にならない事により不動産管理や防犯対策の手間が省けます。そして空室化で起きる、物件の急激な劣化を避けられる事がメリットとなります。不動産価値を維持しつつ、ある程度の賃料が得られる事によって資産の形成手段としても活用が出来ます。こうしたメリットがある一方、リロケーション物件には若干の難点も潜んでいます。入居者側にとっては、中途解約が出来ない事や更新で済み続ける事が出来ないという契約条項が、これに該当します。そこで契約終了を見据えて生活スタイルの変化の可能性が高い、或いは住宅購入を検討しているといったケースにおいて、難点を克服しつつ効果的な活用が可能な物件となります。そして貸し手にとっては、入居者が確定しなければリロケーション物件で得られるメリットをそもそも享受出来ないという側面があります。また賃貸中は自分が遠方に居るのが基本なので、入居者とのやり取りは基本的に仲介事業者を通す事となります。賃料の設定等にも仲介業者の経験・知識が大きく関わる為、信頼出来る業者を慎重に選定する必要があります。

Back to Top